会社をやめる理由の嘘がバレた僕。その結果…

転職のコツ

「会社をやめたい!」そう思っていますか?

退職の意思が決まっていれば、退職理由をどうするか、いつ上司に話そうか。色々と悩むことはありますよね。

 

今回の話は「嘘の退職理由を話してバレたときどうなるか」「嘘の退職理由って法的に問題ないのか」話したいと思います。

スポンサーリンク

 

目次

 

嘘の退職理由は、法的に全く問題なし 

「退職理由は嘘でいい」僕が思うことです。

詳しくはこちらで書いてます。

退職理由は嘘をつけ! 会社を辞めるときに引き止められない理由とは
あなたが退職すると決意したのであれば、退職理由は嘘でもいいんです。 むしろ嘘の方がいいくらいです。 なぜ、嘘をつかないといけないのでしょうか。 それは引き止められるからです。

 

そもそも退職理由ですが、仮に嘘だとしても、法的には問題ありません。

労働基準法上、「強制労働の禁止」が定められています。

僕たち労働者と、雇用者である会社。双方の合意がある前提で働くことができます。

 

労働基準法って、一般的に弱い立場になりがちな労働者を守るための法律なんですね。

例えば、借金のカタに無理やり働かせたり、脅して労働させたりなんて、もちろん出来ないわけです。

 

だからこそ退職するのは、労働者の自由が認められています。

とはいえ「明日やめます」なんて労働者ばかりだと、会社も困りますよね。

 

正社員などの無期雇用者の場合は、退職の2週間以上前に退職することを伝える義務はあります。

ですが、退職理由に関しては問われていません。

こういう退職理由だから、会社をやめられない、なんてのはないんですね。

 

嘘がバレたらどうなるの?

f:id:ryukouaoi:20180330193034j:plain

 

では、嘘がバレたとしたらどうなるのでしょうか。

 

バレたとしても、会社は労働者を退職させない、ということは出来ません。

強制労働させることは禁止されていますからね。

嘘をついたことで、損害賠償を請求されるなんてこともありません。

 

要するに、会社で働く僕たちとしては、退職理由についてはそこまで深刻に考えなくてもいいということ。

 

ですが嘘がバレた時のことは、気を付けておかなくてはなりません。

退職までは最低でも2週間。会社との折り合い次第では、1ヶ月から2ヶ月程度ということもあります。

途中でばれてしまうと、その期間を過ごすことが気まずくなりますからね。

 

退職理由の嘘がバレた僕の場合 

僕はワタミで4年間、正社員として働いていました。

その時のことはこちらで書いてます。

ワタミを辞めた理由とワタミのブラックな労働環境について
僕は、元祖ブラック企業ワタミに勤めていました。 その後ニートを経由して、非正規という働き方に降格。一度ブラック企業に入社すると、労働環境の負の連鎖から抜け出せません。

 

僕の嘘の退職理由は「親の体調が悪く介護が必要。だから実家の北海道に帰らないといけない」でした。

これ、上司たちには嘘とバレていました。

 

退職にあたり、課長や部長とも話しました。

そのとき必ずいわれたこともありました。

 

「そうか。そういう理由か。でもそれで何でやめるの?」

「ていうか、それってホント?」

と何度も聞かれました。

 

僕は何度聞かれても「本当です」といって認めず、切り抜けました。

ですが、嘘の退職理由がバレていたのは間違いないでしょう。 

嘘の退職理由が法的に問題ないのは、先に話した通りです。

 

ここまで読んでくれた方は、もしかしてこう思ってませんか?

「法的に問題ないのはわかったけど、嘘の退職理由なんて、なんだか後ろめたいな」と。

ですが、そんなことまで考えなくても大丈夫。

なぜなら、上司は部下の心配なんか本気でしちゃいないんですよ。

 

上司は、僕たちのことより仕事が大事

f:id:ryukouaoi:20171214191912j:plain

 

僕は退職について上司と面談したとき、引き止められました。

 

「ワタミは北海道にも出店してるから、向こうで働いてもいいんだぞ」

「今の地位がマンネリ化してんのかもしれないし、もう少し頑張って出世してみないか」

 

上司たちはこんな風に、いろんな理由をつけて引き止めてきました。

 

でも、上司たちの気持ちは嘘でした。

 

なぜそう思うのかというと、上司たちの気持ちが本当なら、僕が退職した後も連絡が来るだろうと思いました。

「新しい生活はどうだ」「ご両親は喜んでいたか」とかね。

 

もう言うまでもないですが、実際に退職して3か月たっても半年たっても、ただの一度も連絡なんかありませんでしたよ。

 

そうです。上司たちだって一応引き止めはしますが、本心じゃないんです。

個人的に僕の心配しているというより、会社の上司として仕事上で気にしているだけ。

 

要するに上司たちは、自分の心配をしているだけなんです。

部下が一人やめると穴が開く。だから、その穴埋めが面倒とか、何だかそんな感じじゃないですかね。

 

もしかしたら僕の場合、嘘の退職理由がバレていたから、連絡なんてするか!なんて思われていただけかもしれませんが、、、

 

会社をやめる理由の嘘がバレた僕。その結果…まとめ

スポンサーリンク

 

どうでしょうか。

退職理由が嘘だとしても、バレたとしても、大した問題じゃないですよね(笑)

 

ハッキリ言ってしまえば、退職理由なんてどうだっていいんですよ。

大事なことは、あなたが円満に退職できるかどうかです。

それに理由がどうあれ、あなたが会社からいなくなることは変わりませんから。

 

会社をやめるなら、引継ぎなど早急にすませて、新しい仕事のことを考えましょう。

 

転職先が決まっていない人は、こちらをどうぞ。

業界未経験でも安心―転職エージェントを徹底的に活用する方法。
「転職先がなかなか決まらない」「面接が上手くいかない」などなど。 こういった転職の悩みを解決してくれるのが転職エージェントです。 転職エージェントのメリットデメリットを話します。

オススメ転職サイトランキング!

1位

リクルート

オススメ度ナンバー1!

人気・知名度はもちろん、非公開求人も多数あり!

リクルートエージェント 公式サイトへ

2位

マイナビ

首都圏に特に強く、20代30代の転職に有利。
書類から面接攻略まで手厚いサポート!

マイナビエージェント 公式サイトへ

3位

キャリコネ

現役社員の口コミが強力。
まずは無料登録して現役社員のナマの声を聞こう!
10万件の企業口コミ。キャリコネ 公式サイトへ

 

コメント