脱正社員マニュアル

ブラック企業から退職。飲食店から転職する方法。複業副業投資で稼ぐコツ。ワタミ正社員で4年間にいたときの話などなど

ブログPV改善の王道!直帰率を下げる書き方のコツ

ブログPVを上げるために、どのような対策をしてますか。

代表的なものの一つに、直帰率を下げることがあります。

 

こちらの記事では、直帰率は高くてもいい、という主張をしました。

ブログ直帰率は高くてもいい!直帰率90%でもアフィリエイトで稼ぐコツ - 脱正社員マニュアル

 

確かにアフィリエイト売上があれば、直帰率は高くてもいいと思っています。

ですが正直なところ、直帰率が高いよりは低い方がいいです。

そこで今回は、ブログの直帰率を下げる書き方のコツを紹介します。

 

目次

ブログ直帰率とは何か

f:id:ryukouaoi:20171013222216j:plain

 

ブログでいう直帰とは、自分のブログを見た人が他の記事を見ないで、そのまま別のブログやサイトへ行ってしまうことです。

直帰率とは、直帰した人の割合のことですね。

 

直帰率50%なら、2人に1人は他の記事を見ている計算です。

なぜ、直帰率が話題になるかというと、直帰率が低いと、PVが伸びるからです。

たとえば、直帰率50%と100%では、単純計算で、PVが倍になるわけですからね。

 

直帰率が高くなる理由と改善策

f:id:ryukouaoi:20171022060017j:plain 

なぜユーザーさんは、直帰するんでしょうか。 

考えられる理由をあげます。

 

・記事に満足した

・検索流入の場合、あくまで検索ワードについて調べたい。だから同じ検索ワードの別の記事を見たかった

・関連記事に興味がない

・関連記事に気付いていない 

・書き出しに興味が湧かなかった

 

1番目の記事に満足した場合、もちろん何も問題ないですよね。

2番目は理由は、あなたのブログに問題があるわけではありません。問題は、3番目以降ですね。

 

関連記事に興味がない場合→ターゲットを明確にしよう

f:id:ryukouaoi:20171021192153j:plain

 

せっかく来たユーザーさんが直帰しているのは、今見ている記事の関連記事に興味がないことがあります。

 

たとえばあなたが、今この記事を見ているのは「ブログ 直帰率」で検索していたとします。

関連記事として、こういう記事には興味が沸くかもしれません。

ブログ直帰率は高くてもいい!直帰率90%でもアフィリエイトで稼ぐコツ - 脱正社員マニュアル

 

でも、これだと今回の内容に関係ありませんよね。

業界未経験でも安心―転職エージェントを徹底的に活用する方法 - 脱正社員マニュアル

 

もしかすると、興味はあるかもしれませんが、今見ている記事とは無関係です。

「ユーザーさんが何を知りたいのか」「ブログターゲットはどんな人か」今一度、考えるといいですね。

 

ブログターゲットについては、こちらで書いてます。

ブログのターゲットは、たった1人でいい!アフィリエイトで稼げない人はペルソナを考えよう - 脱正社員マニュアル

 

ざっくりいうとペルソナとは、ブログのメインターゲットのこと。

ブログを誰のために書くのか、しっかり決めることです。

もし、ブログを誰に書くのか明確ではない場合、考えて見てくださいね。

 

関連記事に気がつかない場合→内部リンクを貼ろう

f:id:ryukouaoi:20171021194035j:plain

 

ユーザーさんが、関連記事があるのに気がついていない場合もあります。

あなたのブログの関連記事は、どこにありますか。

それは、わかりやすい位置ですか。

 

「ここに関連記事があるからわかるだろう」と思ってませんか。

ユーザーさんが気が付いていないなら、関連記事を置いていないのと同じことです。

 

一度、自分のブログを見てみましょう。

もし、関連記事などカスタマイズするときは、こちらで書いてます。

ほぼコピペ一発!はてなブログをシンプルにカスタマイズする方法10選! - 脱正社員マニュアル

 

今みたいな感じで関連記事は、記事の中にも入れましょう。

これを内部リンクといいます。

内部リンクが多いとユーザーさんが迷わないので、今書いている記事の内容で近い話になったら、積極的に入れましょう。

 

書き出しに興味がわかなかった→結論から書こう

f:id:ryukouaoi:20171021192718j:plain

直帰率が高い場合、ブログの書き方そのものに問題がある場合があります。中でも書き出しは重要です。

 

惹きつける書き出しを書かないと、ユーザーさんはブログを見てくれないどころか、他の記事に逃げてしまいます。ブログは簡単に離脱できますからね。 

 

書き出しのコツは、結論から書くことです。

記事の最初の文章や、見出しの下の書き出しは重要なポイントです。

僕の場合は、見出しの下のほとんどを太字にして目立たせるようにしています。これもテクニックの一つです。

 

見出しの下には答えを用意する→タイトルから見出し、書き出しは答えにあたる

f:id:ryukouaoi:20180108070351j:plain

 

見出しの下の書き出しのコツは、見出しの答えをズバリ書くことです。

「書き出しに興味が沸かない→結論から書こう」でいえば、こういう書き出しでした。

 

直帰率が高い場合、ブログの書き方そのものに問題がある場合があります。中でも書き出しは重要です。

 

そして、今回の記事タイトルは「ブログPV改善の王道!直帰率を下げる書き方のコツ」です。

見出しは、タイトルから派生したもので、書き出しはオチにあたります。

 

「ブログPV改善の王道!直帰率を下げる書き方のコツ」→「書き出しに興味がわかない→結論から書こう」→「直帰率が高い場合、ブログの書き方そのものに問題がある場合があります」

全体では、以上の流れになります。こうして見てみるとキレイですよね。

 

書き出しのコツ→タイトルとのギャップを無くす

f:id:ryukouaoi:20180108070546j:plain

 

気を付けたいことは、タイトルとギャップを無くすことです。

せっかく検索で来たユーザーさんが、書き出しで「何を書いている記事なんだ?よくわからん」と思われると、スクロールしてもらえません。

今回の内容なら「ブログ 直帰率 アフィリエイト 稼ぐ」こういったワードが書き出しに必要です。

 

書き出しのコツは、こちらでも書いてます。

稼げない記事をリライトしたら、アフィリエイトで稼げた話。ブログ初心者のリライトのコツとは - 脱正社員マニュアル

 

ブログPV改善の王道!直帰率を下げる書き方のコツ~まとめ

・ターゲットを明確にしよう
・内部リンクを貼ろう
・結論から書こう
・見出しの下には答えを用意する
・タイトルとのギャップを無くす

 

ブログの直帰率を下げると一口にいっても、様々な改善策があることがわかります。

一つ一つ意識して、ブログの直帰率を改善しましょう!