脱正社員マニュアル

ワタミ正社員→退職→ワタミの裏側を暴露するフリーライターナイン→ニート→非正規社員(今ココ!)

会社をやめる相談は上司にするな! その理由とは?

「会社を辞めること」

昨今では転職が珍しくなくなったとはいえ、いざ話すときは勇気がいりますよね。

 

実は僕も同じでした。 

「今日じゃなくていいか」「店長が忙しそうだから明日にしよう」 

そんなことを考えているうちに、自然と時間が過ぎていきました。

実際に決断してから、上司に伝えるまで1週間以上はかかりましたね。

 

ただ、会社を辞めるという決断ができているなら、タイトルにあるとおり上司には相談してはいけません。

えっ、じゃあどうするのかって?

上司には「報告」するんです。

 

目次

 

上司には相談ではなく報告しよう

f:id:ryukouaoi:20170916070620j:plain

 
退職の意思を上司に伝えるとき、相談をしてはいけません。

正確に言うと、会社の人間に相談してはいけません。

会社の上司に話すときは「会社を辞めようと思っているんです」という相談ではなく、「会社を辞めます」という状態で報告として話すことが重要です。


どういうことかというと、「辞めようかどうしようか」という段階で上司に話をしてしまったとします。

もしその後、あなたの気が変わり、「やっぱり続けよう」と思ったとします。

そうなると間違いなく出世コースから外されます。

それだけではなく、嫌がらせされるかもしれません。

 

なぜかって?

 

では、逆にあなたが上司だとしましょう。

以前に「辞めたい」と言っていた部下の社員を、今より責任あるポストにしようと思いますか?

能力はあったとしても、信頼できますか? 

「やる気はあるのか」「前に辞めるとか言ってたけど、本当に大丈夫か」

こう思いませんか?

僕なら思います。

 

「仕事を辞めたい」と言った事実だけは残る

f:id:ryukouaoi:20170916070733j:plain


「別に出世なんてしたくないから、マイナスになってもいいよ」という人もいるかもしれません。

ですが、働いていくうちに気が変わるかもしれません。

 

「やっぱり会社を辞めない、続けよう」

あなたがこう思ったとき、すでに撤回できない「会社を辞めたい」と言った事実は、その後のあなたの会社人生の足かせになります。


退職の意思を伝えたあと、結果的に仕事を続けることになったとしても、信用はマイナスになるんです。

あなたが「辞めたい」といった事実は残るんですね。

 

だからこそ、あなたがまだ「辞めようかどうしようか、まだ悩んでいる状態」であれば、会社の人間に話してはいけません。

上司はもちろん、仲の良い同僚だとしても話さないほうが無難です。


会社の人たちに退職の意思を伝えるとき、上司に「会社を辞める」とハッキリ言うときは「何が起こっても、どんなに引き止められても絶対に辞める」という気持ちで話す必要があるということです。

 

退職の噂は、ゴシップ好きの社員に広められる

f:id:ryukouaoi:20170916071024j:plain

 

退職に関わる話は、自分の知らないうちに勝手に広まっていきます。

会社の誰かに話した時点で、おおやけにされることを覚悟しましょう。

 
僕も、ワタミに勤めていたころはそうでした。

店長に退職の意思を伝えた翌日には「店長に聞いたけど、ワタミを辞めるって本当か」と課長が直接訪ねて来ました。

 

その1週間後には、店で働くアルバイトの男性から

「風の噂で聞いたんですけど、青井さんワタミ辞めちゃうんですか」

と意図せずドンドン知れ渡っていきました。

 

会社の一人に話しただけで、いつの間にか周知の事実になるのです。

あなたの周りで退職した人も、そのような噂が立った人もいたかもしれません。

 

仕事を辞めるという噂を利用せよ

f:id:ryukouaoi:20170916071237j:plain

 

社内のデリケートな話題ほど、面白がる人物がいますから、広まるのも早いです。

噂が広まり、動きにくくなることがあります。

 

ただ、ここで「会社を辞める噂は一気に広まる」とわかったあなたは、これを利用することが出来ます。
どういうことかというと「会社を辞めます」と上司に言って周りの人間に噂を広めてもらい、徐々に外堀を埋めてもらうのです。

 

「あぁ、あの人はもうじき仕事を辞めるんだな」と上司を含め同僚や部下にも思ってもらえると、その後の退職の話が通しやすくなる側面もあります。

退職を既定路線にしてしまうのです。

 

気を付けたいことは、最初は必ず直属の上司に話しましょう。

ここを飛ばして別の人間に話してしまうと、直属の上司も面白くありません。

仮に、もう会社を辞めると固い決意をしていても、社会の常識や会社の決まりは守りましょう。

 

会社をやめる相談は上司にするな! その理由とは?―まとめ

今回のまとめです。

・上司には相談ではなく報告しよう

・一度、会社をやめる話を上司にすると、気が変わっても会社に残りにくい

・退職の相談は、友達にしよう

 
退職の噂は一気に広まることからわかる通り、会社の人間に仕事を辞めることを伝える時は、あなたが確実に辞めると決めた時しかありません。

退職の相談をするなら、学生時代の友人や家族といった、あなたの会社と直接関係ない人にしましょう。