脱正社員マニュアル

ブラック企業から退職。飲食店から転職する方法。複業副業投資で稼ぐコツ。ワタミ正社員で4年間にいたときの話などなど

今年の目標を達成するために必要なたった一つのこと

「今年の目標を達成したい」

こう考えた私が、参考にした本があります。『人生は手帳で変わる』という本です。

 

この本で繰り返し訴えられていることは、自分の大切にしている価値観を明確にすること。価値観に沿った目標を立てること。

そして、行動につなげることで、幸せに目標を達成できるということです。

 

目次

7つの習慣から生まれたメソッド

f:id:ryukouaoi:20180106210242j:plain

 

『人生は手帳で変わる』という本ですが、元々これは『7つの習慣』という本をもとにしています。

『7つの習慣』とは、生きるために大切なものを7つと定義して、それらを意識することで人生を充実させよう、という内容のものです。

 

もともと全米で発売された本で、瞬く間にベストセラーに。その後に日本でも発売され、全米同様ベストセラーになりました。

その『7つの習慣』の関連本の一つが、『人生は手帳で変わる』という本なのです。

 

あなたの価値観は?

f:id:ryukouaoi:20171231095217j:plain

 

一番の訴えは「価値観を先に考え、価値観にそった目標を立てる」ということ。

価値観とは、”あなたにとって最も大切なもの。人生において重要なこと”

このように『人生は手帳で変わる』には定義されています。

さらに、価値観を無視して目標を立てても意味がないと続けています。

 

理想の自分を実現するためには、理想の自分を描かなくてはなりません。

目標を立てるだけでは「理想の自分」を描くことにはなりません。目標とは人生における途中のポイントであり、あなたの人生の一部に過ぎないのです。

目標を達成に気を取られ、理想の自分を見失っては意味がないのです。

 

理想の自分とは、価値観に沿った目標のことです。

いくら最もらしい目標でも、自分の価値観に合わないと、達成しても意味がないし、そもそも行動が続かないというのです。

 

人生は手帳で変わるをAmazonでチェック!

7つの習慣はこちらからどうぞ。

Amazonプライム会員に無料登録

なぜ、それをやるのか

f:id:ryukouaoi:20180106210345j:plain

 

僕自身を振り返っても確かにそうでした。

仕事でパワーポイントやエクセルを使うので、今年こそちゃんと勉強しよう、と思ってもなかなか努力が継続できませんでした。

 

それに僕の場合、エクセルやパワーポイントは必要ではあるのですが、ほぼ決まった部分しか使いませんし、使う場面も限られています。 

こういった勉強した方が良いことは、世の中にたくさんあります。英会話や資格取得などは最たる例といえるでしょう。

何となく「やりたいなぁ」という程度ではいけないということです。

 

要は「なぜそれをやるのか」という部分が価値観だというのです。

「なぜ?」がハッキリしないと私のようなことになります。

この辺りを『人生は手帳で変わる』では、こう指摘しています。

 

本当にあなたが心から望む「理想の自分」を実現しようとするならば、バラバラと存在する欲求を目標として追い求めるのではなく、あなたの『価値観』を見つけ、目標と統合性をとらなければなりません。

 

価値観を見つける方法

では、具体的にどのように価値観を明確にするのかというと、様々な演習が紹介されていました。いくつか抜粋します。

 

・あこがれの人物→なぜあこがれているのか、どういう部分が素敵だと思うのか

例)イチロー選手→努力。自己鍛錬

父親→責任感が強い。家族を大切にしている

 

・余命1年と宣告されたら、あなたは何をする?

1.旅行する

2.小説を書く

3.家族と時間を取る。両親に会いに行く

 

・あと100年、健康に生きるなら何がしたい?

1.学校を建てる

2.英会話を習う

3.海外に留学する

 

このようなことを考え、自分が本当にやりたいこと、大切にしていることをあぶりだしていきます。これらが、価値観につながるというのです。

 

例えば上記の例で「努力・家族を大切にする・海外で活躍する」というポイントに分類したとしましょう。

そして、価値観に説明文をつけます。

 

努力→「できない」「無理」といわず、チャレンジする。どうしたらできるかを考え実行する

家族を大切にする→月に1回は両親と会う。妻や夫、子供たちを月1回は旅行する。お互いの会話をもち、何を望んでいるのか明確にしていく。

海外で活躍する→来月から英会話スクールに通う。外国人と臆せず会話できるようになるまで努力する。5年後には、外資系企業に転職する。

 

ここまできて、ようやく手帳の出番です。明確にした価値観を目標にします。

すでにいくつかハッキリした目標が出てきました。「月に1回は両親と会う」「5年後には、外資系企業に転職する」がそうです。

今度は、これらの目標を手帳に行動として書き写します。

 

これらを自然に行える手帳が「フランクリン・プランナー」と呼ばれる手帳です。

フランクリン・プランナーは、公式ホームページがあるので、詳しくはそちらに譲りますが、『人生は手帳で変わる』『七つの習慣』を実際に取り入れるために、開発された手帳です。

 

フランクリン・プランナー公式ホームページはコチラから→フランクリン・プランナー 

 

価値観から日々の行動へ

人生は手帳で変わる 3週間実践ワークブック
フランクリン・コヴィー・ジャパン
キングベアー出版

 

繰り返しになりますが、最も大切なことは、価値観を決めること。そこから、目標へ、目標から行動へ、どんどんブレークダウンさせることが鍵です。

 

流れはこんな感じ

価値観→目標→年間目標→月間目標→週間目標→日々の行動

 

自分の価値観にそっている目標なので、迷わず行動を続けられる。

もし迷ったり、やめたくなる衝動にかられたら、価値観を見直せばいいです。

僕も、手帳を相棒に今年の目標を定め、行動したいと思います^^

 

f:id:ryukouaoi:20170722145723p:plainAmazonプライム会員に無料登録