脱正社員マニュアル

ワタミ正社員→退職→ワタミの裏側を暴露するフリーライターナイン→ニート→非正規社員(今ココ!)

孫子の兵法をビジネスに活かす!目標と目的の違いとは?

「兵法なんて、戦い方の話だろ。仕事や人生には関係ないよな」

こんな風に思ってませんか。

僕も同じでした。でも、『「孫子」に学ぶ仕事完遂力』は違います。

この本ほど明快に、仕事や人生にリンクさせている孫子の兵法の解説書は、なかなかないように思います。

 

『「孫子」に学ぶ仕事完遂力』で学べること

・目標と目的の違い

・自分自身に克つ考え方

 

目次

 

孫子の兵法のいう敵は自分自身

f:id:ryukouaoi:20170920193632j:plain

 

『「孫子」に学ぶ仕事完遂力』では、「孫子の兵法のいう敵を自分自身に置き換えるとよい」と書かれています。

 

答えは逆転の発想にありました。孫子のいう敵を自分自身と解釈し、その弱点を自己修正する教科書と見なせば、面白いほど明快に実学としての孫子が見えてくるのです。

 

彼を知り己をしれば、百戦して危うからず

(敵や自分のことを知っていれば、100回戦っても負けることはないという意味) 

 

敵と自分は合わせ鏡のようなものです。それを入れ替えるだけで、平和な時代にも役に立つ本になるのです。

 

なるほど、生活とは「生きることを活かす」と書きます。どんな本を読んでも、どんなテレビを見ても「へぇそうなんだ」で終わらせないことが大切ですよね。

 

それは自分にとってどうなんだ。自分だったらどうするのか、いかに自分ごととして捉えるかが重要だと教えてくれます。

 

1年の目標は達成できてる?

f:id:ryukouaoi:20170924185259j:plain

 

毎年、年末あたりに今年の目標を立てる人は多いと思います。僕もその一人です。

では、その目標は一年経って達成できましたか。こう聞かれると僕は、うーんとうなってしまいます。

 

目標を立てたはいいが、達成できない私によくあるのは「そもそも、なんでこんな目標にしたんだっけ」ということでした。目標達成のモチベーションが続かないのです。

 

『「孫子」に学ぶ仕事完遂力』では、目標はなりたい姿。目的は「なぜそうなりたいか」という心のあり方だと解説しています。 

僕は、目的と目標の理由がハッキリしていなかったのです。

 

目標と目的の違いとは?

f:id:ryukouaoi:20170725054938j:plain

 

例えば、今年こそ英語を話せるようになりたいと目標を立てたとします。

いつまでに、どれくらいの英会話レベルが必要かハッキリさせる。これが目標です。

 

最初の1週間はモチベーションも保てるでしょうが、1ヶ月2ヶ月と経過していくうち、モチベーションが上がらない日も出てきます。

 

そんな時に大切なことが目的です。英語を話せるようになりたいなら、目標を立てた原点のことです。

 

「アメリカに留学したいから」「外人の友達と英語で話したいから」

こういう目的があれば「そうだ、このために頑張ってるんだ」原点に戻ることができます。

「よし、また頑張ろう」という気持ちにもなりますよね。

 

こうなりたいという目標の部分も大切ですが「なぜそれをやるのか」「何のために目標を達成する必要があるのか」という目的の部分も同じくらい大切です。

この2つを定めることで、行動が明確になり、継続する力が出てくると教えてくれています。

 

当たり前のことを当たり前に行う

f:id:ryukouaoi:20170716065213j:plain

 

孫子の兵法には、当たり前のことばかり書いています。当時の将軍は、当たり前のことをやらなかったことで戦争に負けています。当たり前のことを謙虚に受け止めることが必要です。

 

世の中のことは複雑に見えますが、実はシンプルな当たり前のことの積み重ねで出来ています。

 

先の例の英語を話せるようになりたいなら「英会話学校に行く」「毎日1時間は英語の勉強をする」など、努力が必要だということは当たり前のことで、みんな知っています。

 

でも、知っているだけではいけません。当たり前の努力を継続できるか、そこが成功と失敗の分かれ目だと『「孫子」に学ぶ仕事完遂力』は教えてくれています。 

 

成りたい自分になるためにも、当たり前のことを、当たり前に出来るように、目の前のことに取り組んでいきたいですね^ ^

 

「孫子の兵法」をビジネスに活かす!目標と目的の違いとは?―まとめ

 

・敵は自分自身。自分に克つことが大事

・目標はなりたい姿。目的は、なぜそうなりたいかという気持ち

・当たり前のことを当たり前に行う

 

参考: 『「孫子」に学ぶ仕事完遂力