脱正社員マニュアル

ワタミ正社員→退職→ワタミの裏側を暴露するフリーライターナイン→ニート→非正規社員(今ココ!)

「オレの人生何だったんだ」社畜にならないための考え方とは

僕は、仕事一辺倒の人生に疑問を持っています。

会社に言われて残業なんてまっぴら御免です。仕事が終わればとっとと帰りたいです。

付き合いの飲み会も行きたくはありません。

僕は、社畜になんかなりたくないんです。

 

こう思っていた僕が、面白い本を読みました。

神々しさNO.1タレント(僕が勝手に思っている)美輪明宏さんの著書『人生ノート』です。

 

会社にとって社員は誰でもいい

f:id:ryukouaoi:20170917052614j:plain

 

美輪明宏さんの著書『人生ノート』で、こんな話が紹介されていました。

 

ある会社の重役が「最近の若い社員は仕事に対する気概が足りん。全くけしからん」と話していました。

私は「ならあなたは、家庭を犠牲にして会社に操をささげ、全てをかけてきたんですね」と聞きました。

 

重役は「そうだ」と胸を張りました。

しばらくして、この重役は、会社にあてがわれた不遇のポストに憤慨し、退職しました。

 

彼は、今の会社は自分が育ててきたという自負がありましたから「自分がいなくなって、さぞかし困るに違いない」と思っていました。

ですが、会社はビクともしません。平気な顔して今日も歩いています。

そうです。会社にとって彼は、無用の長物だったのです。

 

何だか悲しいサラリーマンですね。

「会社だけ生きがいにすると、こうなるんだな」しみじみ感じてしまいました。

 

生きがいは会社だけではない

f:id:ryukouaoi:20170917052734j:plain

 

さらに、美輪明宏さんは続けます。

 

生きがいを会社のみに絞って生きていく振り捨て型の人は、退職した後に虚無感にとらわれます。

「会社にとって俺は何だったんだろう」と虚しさが残ります。

 

そうならないためにも、生きがいを分けていきましょう。

仕事にも副業にも精を出し、趣味や家庭にも生きがいを分散して生きていけば、一つくらい無くなっても老後も元気に生きていけます。

 

無欲といえる若い人たちは、案外その辺のことをわかっているのかもしれませんね。

 

なるほど、ワークライフバランスってやつでしょうか。 

ちなみに『人生ノート』が出版されたのは、1998年です。

今はとっくに世紀末を超えている2017年。もう20年ほど前の本です。

 

すでにこの頃から、ワークライフバランスのような考え方は広まっていたんでしょうか。

それとも、美輪明宏さんの先見の明でしょうか。だとしたら凄すぎます。

 

会社と一緒に終わる人生なんてまっぴら

人生ノート

 

 

自分の人生ですから、会社人間になってもいいでしょう。

ただ、会社を辞めた後も僕たちの人生は続きます。

会社が倒産したとしても、僕たちの人生が一緒に終わるわけではありません。

少なくとも僕は、会社が終わって人生が終わるような人間になりたくありません。 

 

僕はこう思います。

「会社の仕事は自分のため。でも会社にお金をもらっているから、最低限の仕事はきっちりやろう。

でも、会社は会社、自分は自分という意識は忘れないようにしよう」 

 

少なくとも、会社なんて自分の人生の一部に過ぎませんから、仕事に振り回されず、生きていきたいですよね。

参考著書『人生ノート 』