脱正社員マニュアル

ブラック企業から退職。飲食店から転職する方法。複業副業投資で稼ぐコツ。ワタミ正社員で4年間にいたときの話などなど

退職理由は嘘をつけ! 会社を辞めるときに引き止められない理由とは

あなたが会社をやめたい理由はなんですか?

人間関係ですか。それとも、待遇や労働環境でしょうか。


あなたが退職すると決意したのであれば、退職理由は嘘でもいいんです。

むしろ嘘の方がいいくらいです。

ではなぜ、嘘をつかないといけないのでしょうか。

 

退職から転職の流れ

 

目次

 

退職理由を正直に話すと、引き止められる

スポンサーリンク

 

 

あなたが会社をやめたい理由が何であれ、それを正直に言ってはいけません。

大抵の場合、正直な退職理由は、引き止めやすいからです。

 

たとえば、あなたが辞めたい理由が、人間関係にあったとします。

すると上司はこう言うでしょう。

 

「別の部署に異動させるから、そんなこと言うなよ」

「まだ長い会社人生のなかで、今はほんの一瞬だよ。もう少し頑張ってみないか」


あなたが辞めたい理由が、給与の少なさにあったとします。

すると上司は

「今は少ないかもしれないが、出世すればこれくらいにあがるんだぞ」

「将来を見据えて、もう少し頑張ってみないか」

などと言うでしょう。

 

あなたの退職理由がどんな理由であれ、まず引き止められます。

引き止められないなんて、リストラ対象の社員か問題社員くらいです。

 

あなたは、会社を辞めたくて上司に話しました。

それなのに、正直に言ってしまうと、代替案が提案され、辞めない方向に話が向かっていくんです。

 

なぜなら正直な退職理由は、会社や上司の努力、もしくは本人の気持ち次第で、何とかなるような理由が多いからです。

あなたが今考えている退職理由も、上司の立場に立つと、引き止めやすい理由ではないですか?

 

会社をやめるときは、上司に相談してはいけません。報告しましょう。

詳しくはこちらで書いてます。

会社をやめる相談は上司にするな! その理由とは?

 

辞めるときに、引き止められない理由とは?

f:id:ryukouaoi:20170916185300j:plain

 

「退職したい」というと上司に引き止められる。

それならどうするのかというと、 上司や会社の努力では、どうにもできない理由を持ち出せばいいのです。

 

代表的なものは「親の介護」「家業を継ぐ」「家庭の事情で実家に帰らなくてはいけなくなった」こういったものです。 

 

もちろんですが、家の事情を持ち出すと上司の力が及びません。

家の事情で退職するなら、解決策は会社にはなく、引き止めが難しいんです。

 

僕の退職理由も嘘だった。ワタミにいた僕の場合

f:id:ryukouaoi:20180106205158j:plain

 

僕は4年間ワタミで正社員として働いていました。

ブラックな労働環境に疲れて、退職しようと思いました。

 

詳しくはこちらで書いてます。

ワタミを辞めた理由とワタミのブラックな労働環境について - 脱正社員マニュアル

 

僕がいった退職理由は「父親の体調が悪く、実家に帰らなくてはいけなくなった」です。

「何でそれでやめるの?」と上司に聞かれました。

すると僕は「実家は北海道(ワタミの勤務地は東京でした)で、母親が介護している状態です。

父が入退院を繰り返す状況で、母が精神的に参っています。

自分は長男なので、実家に帰ってきて、地元で働くように家族に言われています」

 

こんな感じに理由を話しました。

 

これ「嘘」です。

本当の部分は「実家が北海道」「長男である」くらいで「父親の体調が悪い」「入退院を繰り返している」という肝心な部分が嘘です。

 

スポンサーリンク

 

 

嘘の退職理由はバレないのか 

「そんな風に嘘ついていいの?」「嘘がバレないの?」と思う人もいると思います。

正直なところ「上司には、僕の嘘がバレていたんじゃないかな」と思っています。

 

僕の退職について、上司たちと何度も面談を重ねました。

その度に「そういう理由か。ていうかホント?」とよく言われていました。

 

確かに嘘の退職理由を話してしまうと、最後の最後まで嘘をつき通さないといけなくなります。

僕は何度聞かれても「本当です」と言い切って切り抜けました。

 

何度も嘘をつき続け、僕にも後ろめたさがあったことも事実です。

 

でも「嘘ついてまで辞めるなんて、申し訳ないな」なんて思わなくてもいいんですよ。

というのも上司から見ると、あなたの退職理由なんてどうでもいいからなんです。

 

上司は、僕らがやめた後のことなんて、考えちゃいない

f:id:ryukouaoi:20170916185530j:plain

 

僕がワタミを辞めるといったとき、普段会わないような課長や部長にも引き止められました。


「ワタミを辞めて、実家に帰るそうだな。次の仕事は決まっているのか」

「ウチは北海道にも店出してるんだぞ。そこで働くことは考えられないのか」

 

こんな風に、最もらしいことを言われました。

上司たちは「俺はお前が心配なんだ」というオーラを出していました。

 

僕も「本当にこのまま辞めていいのか」「嘘の退職理由のままでいいのか。本当のことを話そうか」と考えたくらいです。

 

ただ上司たちは、僕のことなんて心配しちゃいませんでした。

 

なぜそんなことを思うのかといえば

「本当に僕のことが心配なら、退職後も連絡が来るはず」と考えたからです。

「仕事は決まったのか」「今の生活はどうだ」とかね。

 

言うまでもなく、退職して半年経っても一年経っても、ただの一度も連絡はありません。

仲の良い同期から連絡があったくらいです。


「普段会わない上司なんかそんなもんだろうな」とつくづく実感しました。

悲しいかな、仕事だけの関係なんて、そんなもんですね。

 

だからこそ、という訳ではないですが「退職理由は嘘でいい。いや嘘くらいがちょうどいい」僕はそんな風に思うんです。

 

退職理由は嘘をつけ! 会社を辞めるときの都合の良い理由とは―まとめ

・退職理由は嘘の方がいい
・あなたの退職理由は、上司たちは興味がない
・退職理由は家庭の事情など、どうしようもない理由を話す

 

どんな理由であれ、あなたが会社をやめることには変わりありません。

むしろ「いかにスムーズにやめるか」「どのように引継ぎをするのか」

こういったことを考えた方がいいですね。

 

まだ会社をやめるか迷っているなら、まずは転職エージェントに相談しましょう。転職エージェントのことを書きました。 

業界未経験でも安心―転職エージェントを徹底的に活用する方法 - 脱正社員マニュアル