脱正社員マニュアル

ワタミ正社員→退職→ワタミの裏側を暴露するフリーライターナイン→ニート→非正規社員(今ココ!)

ムリに転職しても何も変わらない!転職前に必ず考えたい理由とタイミングとは?

「あなたが仕事の何が気に入らないにしても、何も変わりません。何回転職しても、上司が変わっても。」

 

このような明快な文章で、転職組を指摘している本があります。『仕事はどれも同じ 「今やっている仕事」を「やりたい仕事」にする方法』という本です。 

今回は、この本を参考に、転職する理由と正しいタイミングについて、考えてみました。

 

目次

 

何となく転職しない

f:id:ryukouaoi:20170923141936j:plain

 

「転職が悪いとは言わない。ただ転職したとしても、不満は必ずある。それなら今の仕事を天職と思えるように仕事をしよう」

 

繰り返し著書で論じられていることです。

一応、言っておきたいのは、僕がいたワタミのようなブラック企業でこき使われている人は対象外です。
「今の仕事が天職だ」 なんて、僕は思えませんでしたからね。
  
以前、働いていたワタミの話はこちらです。

 

話を戻すと「転職はいいけど、何となく嫌だな」という気持ちでやめない。「まずは今の仕事を天職と思える仕事をすることが大事」ということです。

結果、転職したとしても「仕事に打ち込んだ経験そのものは、素晴らしいものになる」と言いたいのだろうと思いましたね。

 

『仕事はどれも同じ 「今やっている仕事」を「やりたい仕事」にする方法』が優れているのは「天職をみつけよう」というやみくもな精神論で終わらないことです。

では、仕事や転職を考える上で、何が大切なのでしょうか。

 

あなたは何が我慢できて、何が我慢できないのか

f:id:ryukouaoi:20170923141754j:plain

 

お金(給与)、ステータス(名刺の肩書き、例えば東証一部上場企業の名刺)、意義(人のために働く、世の中をよくする)、楽しみ(仕事のやりがい)、興味(好きを仕事にする)その全てを考慮せよ!

 

『仕事はどれも同じ 「今やっている仕事」を「やりたい仕事」にする方法』で話していることは、上記のなかで何か一つを重視してしまうと、それが上手くいかなかったとき「嫌だな。転職しようかな」と思ってしまうというのです。

 

それなら最初から全てを考えて「 全体的に少しずつ満たしてくれる仕事なら、それで充分じゃないか」というのです。 

全て100点満点の会社などあり得ないということでしょう。僕も転職している身なので、転職には反対ではありません。

 

転職する前に考えないといけないことは「あなたは何が我慢できて、何が我慢できないのか」「あなたが仕事をしていく上で何を大切にしているか」「その理由は何か」

これらを明らかにすることではないでしょうか。その上で、今の仕事を客観的に見ていけばいいと思うのです。

 

これらを考えることで、転職理由を明確にして、転職するタイミングもつかめるでしょう。

では、客観的に見るといっても、どうすればいいのでしょうか。

 

仕事を点数化しよう!

f:id:ryukouaoi:20170923141544j:plain

 

ここからは『仕事はどれも同じ 「今やっている仕事」を「やりたい仕事」にする方法』を参考に考えた僕の意見です。それは、点数化することです。

満点が「5」として、自分が仕事をしていく上で大切にしていることを挙げます。

 

例えば、給料は「5」だけど、人間関係は良くないから「2」。やりがいは「3」というように、客観的に点数化していきます。仮に転職したとして、それらの点数がどのように変わるか見てみよう、ということです。

 

メリットは、先に話した自分の考えの明確化です。何が我慢できて、何が我慢できないかということでしたね。

さらに点数化することで、客観的に見ることができるので「意外と今の仕事も悪くないな」と思えるかもしれませんし、「やっぱり嫌だな」と思うかもしれません。

  

あなたが仕事で大切にしていることは?

f:id:ryukouaoi:20170923141416j:plain

 

それでは、あなたが仕事で大切にしていることを考えてみましょう。

僕は『仕事はどれも同じ 「今やっている仕事」を「やりたい仕事」にする方法』を参考に5つ挙げてみました。

給料・人間関係・残業や休日(ワークライフバランス)・やりがい・社会的ステータス。この5つです。

 

転職前の僕は…

 

①給料 2

②人間関係 4

③残業や休日(ワークライフバランス)1

④やりがい 2

⑤社会的ステータス 1

「満点25 合計10」

 

こんな状態でした。 

転職後では…

 

①給料 3

(手取りはほぼ変わらないが、サービス残業が減った分、時給に換算すると増えたと捉えた。)

②人間関係 4

③残業や休日(ワークライフバランス)5

④やりがい 3

⑤社会的ステータス 1

「満点25 合計16」 

 

転職によって、ワークライフバランスが大幅に向上しました。

僕が、転職を決意した一番の理由が「ワークライフバランスがないこと」だったので、この転職には非常に満足しています。

 

ちなみに、やりがいが上がっているのは、以前の会社(ワタミ)では出世したいと思っていませんでしたが、今の会社は「出世したい」と思えるからです。

 

このように「あなたが大切にしていることを、いくつか挙げてみる」「点数化する」「点数の理由を考える」

これらを考えていくと、客観的に仕事を見ることができます。

 

転職前に必ず考えたい理由とタイミングとは?―まとめ

 

・「何となく嫌だな」という気持ちで転職しない

・今の会社を客観視するため、点数化する

・「あなたが仕事に何を求めているか」「人生で何を大切にしているか」を考えてみる

 

僕のように、転職で不満を解決できることもあるでしょうし、転職して失敗だった、と思う人もいるでしょう。 

 

その分かれ目が「自分が仕事に何を求めているか」「仕事を通して何がしたいのか」さらには「人生で何を大切にしているか」これらを考えていくことだと思います。

これらがハッキリしたときが、あなたの転職の最適なタイミングです。

 

もちろん、こういった本質の部分は、簡単には見つからないかもしれません。一番大切なことは、それらのことを「考え続ける習慣」なのかもしれませんね^^

参考:仕事はどれも同じ 「今やっている仕事」を「やりたい仕事」にする方法