脱正社員マニュアル

ブラック企業から退職。飲食店から転職する方法。複業副業投資で稼ぐコツ。ワタミ正社員で4年間にいたときの話などなど

仕事って今のままでいい?『チーズはどこへ消えた?』で学んだ めんどくさいけど、変化する勇気

『チーズはどこへ消えた?』という本を知っていますか。

簡単に内容を紹介すると「変化をこわがるな。それを受け入れ、行動していくことが正しい道だ」と繰り返し書かれている本です。 

 

全米でベストセラーになり、日本でも同じようにベストセラーになった本です。本の帯に、プロ野球選手の大谷翔平さんが起用され、再び注目を浴びています。

 

目次

人は変わるべきだ

チーズはどこへ消えた?
スペンサー ジョンソン
扶桑社

 

『チーズはどこに消えた?』では、ネズミが主人公で、大切なものであるチーズを失うことから物語は始まります。一見するとコミカルで柔らかい印象を受けますが、読み込んでいくと興味深いストーリーです。

 

自分も迷路に冒険に出かけ、新鮮な新しいチーズをみつけられたらどんなにいいだろう。そのときのことが目に見えるようだった。

「出かけよう!」ふいに、ホーは叫んだ。

「だめだ」ヘムはすぐさま答えた。

「ここがいいんだ。居心地がいい。ここのことならよくわかっている。他は危険だ」

  

しばしば人は変化を怖がる生き物だと思います。確かに同じことを繰り返すほうが、何も考えずに済むのでラクです。

 

「仕事が増えて給料が増える」これって不満?

f:id:ryukouaoi:20171231095737j:plain

 

僕も「変化せず今のままでいい」という人が多いことに驚いた経験があります。

僕の仕事の話です。ある時、経営者の都合で業務が増えることになりました。それに伴い、給与を上げることになったのです。

 

僕は、給与が上がるなら、仕事は減るより増えた方がマシと思っていました。

「仕事が減る」ことは「クビ」を意味すると思うからです。

仕事が減り続けたら、会社での居場所がなくなりますからね。

 

ですが、意外に多かったのが「給与はこのままでいいから、業務を増やしたくない」という人がいたことです。


ちなみに、業務が増えるからといって、残業が増えるわけではないのです。給与が上がるのは、その分が残業代にあてられ、結果的に給与が増える、という意味ではないのです。


純粋に「業務が増える=給与、いわゆる基本給が増える」という式です。実際に業務が増えても、残業は増えませんでした。

こうしたことを理解してなお「業務はこのままで給与もこのままでいい」という人が多かったことに驚きました。

 

変わらないことは後退である

f:id:ryukouaoi:20171011193745j:plain

 

変わらないのは楽ですが、変わらないことは、後退しているんです。自分は同じ場所にいるようでも、後ろに下がっているのです。

なぜなら、後から来た人に追い越されるからです。自分自身は変わっていないようでも、周りが変化しているのですね。

 

種の起原』を著したダーウィンもこのように述べています。

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。」

 変化こそ生きていく手段。このことを肝に銘じて、変化を怖がらず生きていきたいですね^^

 

→『チーズはどこへ消えた?』はこちらからどうぞ。