僕は会社を退職する。フリーランスで生きていく

スポンサーリンク
フリーランスの話

ずっと会社を休んでいた。

 

2018年10月 ストレス(自律神経失調症・うつ病)で休職

2019年1月 復職

2019年3月 再び休職

2019年10月 退職←今ここ!

 

こんな感じでやめることになった。

理由はいろいろある

 

・会社をクビになっても生きていける男になりたかった

・もともと独立志向があった

→これは学生時代から。起業家ってカッコいい、なんて学生気分丸出しの気持ちから。

・独身未婚小梨だから、最低限の生活ができればいい

・会社にいるのが嫌になった

・上司の顔色をうかがうのが嫌になった

・出世に神経をすり減らすのが嫌になった

・契約社員だったが、正社員になりたい、という嘘をつくのが嫌になった

 

・起業家目線で見ると、起業家が「美味しいとこどり」のイメージしかない

→結局、起業家や経営者が取ってきた仕事を、サラリーマンたちはこなすだけ。

それで稼げる仕組みだが、実は、サラリーマンに「稼ぐ力」はない

あるのは「社内政治に勝つ方法」「同僚と上手く付き合っていく方法」「めんどくさい仕事をやらない方法」などといった、その会社でしか使えないスキル。

要は「今の会社をクビになったら終わり」の連中ばかり。

 

「いや、おれはスキルがある」「今まで何億規模の仕事を回してきた」「俺がやめると会社が回らない」

いやいや、起業家・経営者からいわせると「そんなわけない」のだ。

自分がやめると、別の誰かが、あなたの席に座っている。

それも、すぐにだ。

要は、僕たちサラリーマンは「替えが効く要員」なのだ。

むしろ、経営者はそうしたいと思っている。

なぜなら、経営者目線で考えると、そのほうが都合がいいのだ。

 

たとえば、あなたがやめると回らない仕事があるとする。

そういう仕事は、極力作りたくない。

属人的だからだ。

経営者は会社のことを考えている。

「誰がやっても変わらない仕事」にしたほうが、急にやめるとなったとき、困らない。

 

そう、結局サラリーマンは、経営者に生かされている。

使われている。

搾取されている存在なのだ。

 

問題は、その当たり前に気が付いているかどうかだ。

税金も一番搾り取られるのは、サラリーマン。

一番、サラリーマンが割を食っている。

 

少なくとも経営者や国のエライサンは、

サラリーマンよ、何も考えるな。歯車になって働け。税金を納めろ。無駄な知恵をつけるな。

そう思ってんのよ。。。

コメント