ハローワーク事務員に転職相談はアリかナシか?

会社をやめるコツ

転職や退職したとき、誰もがお世話になるハローワーク。

今回は、ハローワークで転職相談ができるのか、どういう人がいるのか話したいと思います。

 

ハローワークの失業保険や職業訓練の話 はこちらからどうぞ!

非正規雇用でもバイトでもOK!ハローワークで失業保険・職業訓練を活用する方法
今回は、転職活動におけるハローワーク活用法です。 会社を辞めたら、1度はお世話になる公共機関です。 では具体的にハローワークでは、何ができるのでしょうか。 ハローワークで覚えてほしいのは、失業保険と公共職業訓練のことです。 この...

 

ハローワークの事務員の人ってどんな人?

 

さて、今回の話であるハローワークで転職の相談するときの事務員さんのことです。

ハローワークは国の機関ですから、公務員の方もいるようです。

ですが多くの事務員さんは、一年や数か月契約の非常勤職員です。

年齢層は40代~50代が多く、男性より女性の人が多い印象でした。

 

「ハローワークだから」というわけではありませんが、対応してくれる職員の人によって当たりはずれがあります。

要は、自分と合うか合わないか、ということです。

 

関連記事pickup!

会社をやめられない人へ スムーズに退職するコツ、やめるときの話し方のコツとは?
転職が珍しくなくなったとはいえ、いざ辞めたいと話すときは勇気がいりますよね。 退職したい時、上司にはどのように切り出せばいいのでしょうか。 上司には「相談」せず「報告」するんです。

ハローワークの求人の応募方法は?

ハローワークの求人に応募するには、事務員さんと面談しないといけません。

面談といっても大層なことはなく、求職者である僕たちは「この求人に興味があります」と事務員さんに話します。

それを聞いた事務員さんは「応募先の会社はこういう会社で、こういう目的の求人です」などと求人情報の説明をしてくれます。

要は、求人へ応募の許可をとるイメージです。

 

肝心の面談ですが、早ければ5分くらいで終わります。

言ってしまえば、そのくらい流れ作業で対応してくる事務員さんがいるということ。

 

しっかりと質問事項や相談など考えていけば、話は聞いてくれます。

さっきも言いましたが、当たりはずれがあることは否めません。

 

親身になってくれたハローワークの女性事務員さんの話

 

ハローワークに通っていたころの僕は、転職活動をはじめて3か月ほど経ち、転職先が決まらず徐々に焦りも出てきた時期でした。

履歴書や職務経歴書を用意したり、面接もそれなりにこなしていました。

 

そんなとき、ある女性事務員さんに出会いました。

事務員さんの年齢は50代後半。

ぽっちゃりしていて優しい雰囲気、昭和のお母さんといった感じの人でした。

 

その女性事務員さんにワタミに勤めていたことを告げると

「そうですか、”あの”ワタミですか。やっぱり大変でしたか」

僕がワタミを辞めたころ「ブラック企業」という言葉が有名になり、その代名詞の企業として世間に悪名を轟かせていたのがワタミでした^^

 

ワタミで働いていたことを告げると、大抵が同じリアクション。

「ブラック企業で大変でしたか」「休みが半年ないって本当ですか」などと、転職したい僕にとっては、どうでもいい会話が成り立ってしまいます。

 

ちなみにワタミのことは、ここで書いてます。

ワタミにいたときの話

ワタミを辞めた理由とワタミのブラックな労働環境について
僕は、元祖ブラック企業ワタミに勤めていました。 その後ニートを経由して、非正規という働き方に降格。一度ブラック企業に入社すると、労働環境の負の連鎖から抜け出せません。

 

僕は「またか」と思いながら話を聞きました。

僕がワタミを辞めた理由は「シフト制の勤務体系が嫌だったので、休みが固定されている職場で労働時間を調整したい」「サービス業はやりたくない」ということが大きな理由でした。

 

だからサービス業とは真逆の事務関係が希望でした。

そのことを話すと「事務関係は人気の職種です。正直、かなり厳しいと思います」

転職活動していた当時、僕は28歳。世間でいう転職限界説は35歳と言われていることもあり、まだ余裕だろうと思っていました。

 

いきなりの厳しいという発言に驚いていると

「飲食店で働いていたことと、事務で働く仕事の共通点を見つけましょう。職務経歴書ありますか?」

このように言われ、職務経歴書の指導が始まりました。

 

結果、いろいろ添削してくれました。

ハローワークに通って一番よかった対応が、この女性でした。

 

関連記事pickup!

未経験から事務職へ転職する!職務経歴書の書き方(例文テンプレート)
今回は、飲食店から事務職へ転職したい人のために、職務経歴書の書き方を教えます。 僕が、転職エージェントと相談して書いた職務経歴書を載せておきます。参考になればうれしいです!

 

はずれのハロワ職員は?

 

僕が当たった、ハズレだなという事務員さんはこんな感じの人でした。

 

・応募希望先の会社に連絡する、といってしていなかった。

・職務経歴書や履歴書を見てもらっても、大した参考にならなかった。

・単純に対応が悪い(腕や足を組んだまま話す。声が聞き取りにくい)

 

さきほど「対応が良かった」という女性の話をしましたが、ハッキリ「よかった」と言い切れるのは、この女性一人くらい。

他の人は可もなく不可もなく、流れ作業的に求人を紹介しているだけ、という印象でした。

関連記事pickup!

転職するか悩む人へ「一年は会社に残る」決断方法とは
新卒で入社した会社から転職したいと思っていますか。 転職しようか、会社に残ろうか悩んでませんか。 ここに書いていることは、そんな悩みを持つあなたのために書いたものです。 ・選択肢は会社に残るか転職するか、だけではない ・転職して...

 

ハローワークで転職相談するべきなのか?

僕は転職活動を1年以上しました。

そんな僕からいえるのは「ハローワークでの転職相談は、過度な期待はしない」ことです。

 

理由としては、こういったところです。

・ハローワークの人たちは、転職希望者を転職させても報酬がもらえない。

・転職希望者が転職できてもできなくても、給料がもらえる

 

彼らは仕事としてハローワークにいますが、僕たちが転職に成功しても失敗しても問題ない。

これがハローワークの事務員さんに期待しないほうがいいという最大の理由です。

 

ここが肝心なところで、一般企業の転職エージェントと異なる部分なんです。

転職エージェントは、転職希望者と企業のマッチングが仕事。

転職が成功してはじめて、報酬が発生します。

 

正直なところ、「エージェントの質」を重視するなら、最初から転職エージェントに相談したほうが無難です。

しかもハローワークと同じように、利用者の僕たちは無料なんです。

 

リクルートエージェント は大手ですし、求人数も多くオススメです。

リクナビNEXT は、サイト登録して自分で転職活動できます。

 

【まとめ】ハローワーク事務員の雰囲気は

・ハローワークで転職相談するには、当たりはずれの差が大きい

・人によっては親身になってくれる

・転職相談したいなら、最初から民間企業の転職エージェントが無難

 

ハローワークは、あくまで求人情報を手に入れる場所、と割り切ったほうがいいでしょう。

求人は、ハローワークをはじめ、転職サイトなど一般企業と並行して集める。

そして、実際の転職相談するなら、転職エージェントにしましょう。

 

>>>リクナビNEXT<<<

コメント