30代非正規雇用に将来はあるのか?正社員から契約社員に転職してわかった、社会保障のある非正規雇用はありだ!

30代非正規雇用の悲哀

僕は2009年、ブラック企業ワタミに正社員で入社しました。 

2013年、労働環境の悪さに嫌気がさし退職。その後、非正規雇用(契約社員)で働いています。

僕は、正社員から非正規雇用になってよかったと思っています。

 

「非正規なんて不安定だし、やめたほうがいい」

「30過ぎで非正規なんて、将来のことをちゃんと考えてるのか」なんていわれたこともあります。

 

一般的には確かにそうだと思います。

でも僕は、必ずしも正しい意見ではないと思っているんです。

ポイントは、社会保障と労働環境にあります。

 

今回は、「正社員って本当に大事か」「非正規雇用で将来働いていけるのか」

労働環境の安定と、社会保険の重要性について書いていきます。

 

 

あなたの思う安定とは何か?

「正社員は安定している」

 

何年も前から言い伝えられている日本の常識ですよね。

ただ僕は、決してそうではないと思っています。

詳しくはこちらで書いてます。

生きるための仕事に殺される現代 正社員=安定の論理は破綻している – 脱正社員マニュアル

生きるための仕事に殺される現代 正社員=安定の論理は破綻している
会社に縛られず、むしろ会社を利用していくことが大切です。  自分のしたい生き方を理解して、それをするためにはどうすればいいのか、考えていくことです。 

 

この記事では「正社員は安定している」という幻想にとらわれ、労働環境が悪い会社で疲弊し、過労自殺した男性がいたことを書いています。

 

そもそも何をもって「安定」なのでしょうか。

僕が思う安定とは「社会保障と労働環境」です。

この2つさえ手に入れば、非正規雇用でもいいのでは、と思うんです。

 

「労働環境の安定」ブラック企業問題について

正社員に限りませんが、ブラック企業問題があります。

僕が新卒で入社したワタミは、サービス残業が横行していました。

 

ワタミの働き方は、こちらで書いています。

ワタミを辞めた理由とワタミのブラックな労働環境について – 脱正社員マニュアル

過労死ラインでこき使われたけど、やっとワタミを辞めて自由になれた! – 脱正社員マニュアル

 

正社員で働いていたワタミでは、過労死ラインで働かされていました。

店に出勤していない日に研修したり、サービス残業なんかやって当たり前でした。

 

ワタミの外食、居酒屋勤務になると、店の営業時間は、16時~翌3時、金土祝前日は5時。365日、店の定休日はありません。

もちろん、毎日ずっと店にいるわけではありませんが、週休二日など夢のまた夢。
 

さらにワタミでは、店での仕事に加えて、研修、課題レポート提出、 会議、ボランティア活動など様々な仕事が課せられます。

ただ居酒屋で働いていればいい、ということではないのですね。

ワタミを辞めた理由とワタミのブラックな労働環境について – 脱正社員マニュアルより抜粋

 

正社員でこんな労働環境なら、何が安定なのかわからなくなります。

僕は、非正規雇用でも社会保障があり、サービス残業がない仕事の方がいいと思っています。

実際に、非正規雇用に転職してサービス残業はなくなりましたし、労働環境は劇的に改善しましたね。

 

労働環境の改善で転職はアリ

会社の労働環境が悪かったとして、あなた一人で何とかなるものではないですよね。

一人で会社を動かせるわけではないですから。

以前の僕のように、労働環境を改善するために転職もありです。

 

「入社してからブラックだった」なんて避けたいですよね。

では、そうならないためには、どうすればいいのでしょうか。

 

「入ってみたらブラックだった」を避けるために大切なこと

ブラック企業を避けるなら、大事なことがあります。

それは、働いている人の口コミです。

 

キャリコネなら、働いている人の事前情報を取得できます。

このサイトは、社員の口コミで成り立っている、転職支援サイトなんです。

 

口コミを事前に調査することで「入社してみたらブラックだった」なんて事態を避けることができます。

働いている人のホンネが聞けるんですから。

 

登録はもちろん無料。

まずは登録して情報を集めて、転職を有利に進めたいですね。

>>>10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

 

もう一つのポイントは、社会保険があるかどうか

ここからは、非正規雇用の社会保障について話していきます。

 

僕は非正規雇用ですが、厚生年金に会社が加入しています。

そして、社会保険の健康保険に加入しています。 

非正規雇用でも、保障さえしっかりしていれば、 大きな問題はないと僕は考えています。

 

厚生年金と国民年金の違い

f:id:ryukouaoi:20180115052636j:plain

厚生年金と国民年金。

どちらに加入するかで、将来もらう年金額が変わるのです。 

厚生年金保険料は、会社と労働者で折半して払います。給料から天引きされます。

これに対し、国民年金保険料は月々全額を自己負担します。

 

実際に払う金額

国民年金保険料は所得や収入にかかわらず一定額となっています。

2014年度:15,250円/月
2015年度:15,590円/月
2016年度:16,260円/月

 

厚生年金保険料は収入(標準報酬月額)によって変わります。

以下は参考までに、平成26年(2014年)9月からの標準報酬月額別の厚生年金保険料です。

 

20万円:34.948円 /実質負担17.474円
30万円:52.422円 /実質負担26.211円
40万円:71.643円 /実質負担35.821円

 

実際に僕らが支払う保険料は「実質負担」に書いた金額です。

厚生年金だと、半分は会社が出してくれるので、その分おトクですね。

 

将来もらう年金額

では実際に年金として受取る金額には、どのくらいの差が出るのでしょうか。

今まで支払ってきた金額にもよりますが、例として挙げておきます。

 

国民年金のみを受け取っている人の年金額(月額):49.632円

厚生年金受給者の平均受給年金額(月額):149.334円

(平成23年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況より)

 

月に10万近く差があるという計算です。

老後を20年と考えても2400万円も受給額に差が出る計算となります。

 

・国民年金より厚生年金の方がトク

・非正規雇用でも、厚生年金に入っている会社なら、正社員と待遇が変わらないので良い

 

健康保険について

f:id:ryukouaoi:20171231095217j:plain

 

年金と同じように社会保障の大事なこと、健康保険について考えてみましょう。

社会保険の健康保険と国民健康保険の2つがあります。

 

社会保険が会社と折半して月々保険料を負担するのに対し、国民健康保険が全額自己負担です。

ここが大きな違いですが、社会保険であれば家族が何人いても負担額は一定ですが、国民健康保険は家族が増えるほど均等割という仕組みにより負担が増えます。

 

要するに社会保険であれば、結婚して扶養家族が多くても保険料は変わりません。

国民健康保険の場合は扶養家族が多いと、それだけ保険料も増えます。

 

働く側からすると、社会保険の保険料は半分を会社が負担してくれているわけですから、その点からもお得と言えるでしょう。

 

【まとめ】結局、どういう会社に入るかが大事

・正社員かどうかは重要ではない

・社会保障と労働環境の安定が重要

 

これを見ている人は、正社員で疲弊している人もいるでしょう。

非正規雇用で将来が不安だ、という人もいるかと思います。

 

確かに将来を考えることは大切なことですよね。

ただ一番大事なことは「今この瞬間」です。

 

僕はワタミで無理して正社員で働き続けていたら、確実に過労でダウンして退職したでしょう。

実際に、退職が決まっていましたが、退職前の1週間は過労が原因で病院に行きました。

これでは正社員が安定なんていえません。

 

非正規雇用で働くなら「社会保障と労働環境の安定」さえ考えれば、あとはどうとでもなることを知ってほしいと思い、この記事を書きました。

 

先ほども言いましたが、いま働いている会社がブラックで、労働環境を変えたいなら、キャリコネで社員のホンネを調べることをオススメします。

「入ってみたらブラックだった」なんて誰もが避けたいですからね。

登録は無料で、すぐに簡単に活用できます。

 

今の労働環境が大変なら、転職も視野に入れて、本当の安定した労働環境を手に入れましょう!

 

>>>10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ <<<

コメント