【投資の基本】利食いとは何か

資産運用

利食いとはなにか

利食いとは、もともとは株用語です。

値上がりした株を売り、または値下がりした株を買いもどして、差額を儲けることをいいます。

要は、タイミングよく売り買いして儲けることですね。

FXに置き換えると「買ったドル買った値段より高値で売れた」といった状態です。

 

含み益と含み損

一般的に利食いとは、利益を確定させた状態をいいます。

「売れば利益になるが、まだ持っていよう」

この状態であれば「含み益」といいます。

逆に「今売ったら損になる」という状態を「含み損」といいます。

 

利食いの反対は

利食いがタイミングよく売り買いして儲けることでしたね。

では、利食いの反対は、売買の失敗。

買った値段以下で売って、損してしまうことです。

 

ですが、あえて損する状態で売ることは、投資のテクニックとされています。

これを「損切り」といいます。

 

損はしていますが、損切りは、必ずしも悪いことではありません。

「損がこれ以上、膨らまないようにしよう」

このように考えて、損してでも売り抜けること。

FXのみならず、投資において重要なこととされています。

 

【ワンポイント】投資の格言

「利食い千両」

利益が出たら「もっと上がってから売ろう」と欲を出さずに、さっと売却して利益を得よう、という投資の格言です。

投資する以上、儲けたいとは誰しも考えるもの。

格言になるくらい売却のタイミングは難しいということですね。

 

【まとめ】利食いと損切り

・利食いとは、タイミングよく売り買いして、利益確定させること

・その逆は損切り

・計算した損切りは、良いこととされている

 

コメント