退職理由は嘘をつけ! 会社を辞めるときに引き止められない理由とは

転職のコツ

あなたが会社をやめたい理由はなんですか?

人間関係ですか。それとも、待遇や労働環境でしょうか。

あなたが退職すると決意したのであれば、退職理由は嘘でもいいんです。

むしろ嘘の方がいいくらいです。

ではなぜ、嘘をつかないといけないのでしょうか。

 

理由はもちろん、引き止められるからです。

「スムーズに会社をやめたい」「早く退職したい」

そのためのコツを書いていきます。 

 

>>>転職ならリクルートエージェント<<<

 

退職理由を正直に話すと、引き止められる

あなたが会社をやめたい理由が何であれ、それを正直に言ってはいけません。

大抵の場合、正直な退職理由は引き止めやすい、もしくは角が立つからです。

 

たとえば、正直な退職理由は「上司が無能で、一緒に働いているとストレスがある」だとしましょう。

これを言ってしまうと間違いなく角が立ちますよね。

余計な争いを招きますし、大人としてそんなにハッキリいうのはどうなの、ってなります(笑)

 

次に、引き止めやすい退職理由を見てみましょう。

「給料が少ない」これが本当の退職理由だとします。

 

これを言ってしまうと上司は

「今は少ないかもしれないが、出世すればこれくらいにあがるんだぞ」

「将来を見据えて、もう少し頑張ってみないか」

などと言うでしょう。

 

このように、正直な退職理由は大きく分けて2パターンあることがわかります。

「角が立つ」「引き止められる」

このどちらかです。

 

辞めるときに、引き止められない理由とは?

f:id:ryukouaoi:20170916185300j:plain

 

「退職したい」というと上司に引き止められる、もしくは角が立つ。

2つとも避けたいですよね。

 

それならどうするのかというと、 上司や会社の努力では、どうにもできない理由を持ち出せばいいのです。

代表的なものは「親の介護」「家業を継ぐ」「家庭の事情で実家に帰らなくてはいけなくなった」という家の事情です。 

 

家の事情を持ち出すと、上司や会社の力が及びません。

こういった理由で退職するなら、解決策は会社にはなく、引き止めが難しいんです。

 

裏を返せば正直な退職理由は、会社の努力で何とかなるような理由が多いです。

上記の例のように、やめる理由が人間関係なら、あなたの部署異動の話が出てくるでしょう。

給料なら出世すればいい、と引き止められます。

 

こんな記事も書いてます。

>>>「仕事をやめたい」と上司に話すときのコツはたった一つだけだ! – 脱正社員マニュアル

 

僕の退職理由も嘘だった。ワタミにいた僕の場合

f:id:ryukouaoi:20180106205158j:plain

 

僕は4年間ワタミで正社員として働いていました。

ブラックな労働環境に疲れて、退職しようと思いました。

もうワタミの何もかもがイヤになったんです。

 

詳しくはこちらで書いてます。

>>>ワタミを辞めた理由とワタミのブラックな労働環境について – 脱正社員マニュアル

 

僕が話した退職理由は「父親の体調が悪く、実家に帰らなくてはいけなくなった」です。

「何でそれでやめるの?」と上司に聞かれました。

 

僕は「実家は北海道(ワタミの勤務地は東京でした)で、母親が介護している状態です。

父が入退院を繰り返す状況で、母が精神的に参っています。

自分は長男なので、実家に帰ってきて、地元で働くように家族に言われています」

 

こんな感じに理由を話しました。

 

これ「嘘」です。

本当の部分は「実家が北海道」「長男である」くらいで「父親の体調が悪い」「入退院を繰り返している」という肝心な部分が嘘です。

 

退職理由より、円満退職が大事

「退職するときに本当に嘘なんかついていいの?」

と思い方もいるかもしれません。 

 

でも、いいんです。

 

「退職理由が本当か嘘か」というより「あなたが会社をやめたいのかどうか」か重要です。

そして、やめた後のあなたの転職先のほうが、今の会社より、よっぽど大切です。

  

まずあなたの目的は、会社をやめること。それも円満にです。

円満退職ができるなら、退職理由は嘘でいいんです。

だって、会社をやめるときまで、モメるのってめんどくさいですよね?

 

むしろ「仕事をやめるなら引継ぎをどうしようか」ということを上司や同僚と話していく方が建設的です。

 

「でもウソがばれたらどうするの?」って思いますか?

 

実は僕、嘘がバレました。その時のことは、こちらで書いてます。

会社をやめる理由の嘘がバレた僕。その結果…
会社をやめたい。そう思ってますか?今回の話は「嘘の退職理由を話してバレたときどうなるか」「嘘の退職理由って法的に問題ないのか」話したいと思います。

 

退職後に大事なこと

退職した後のことって考えていますか?

まずは、いい条件で転職したいですよね。

そのためには、転職エージェントを上手に活用しましょう。

業界未経験でも安心―転職エージェントを徹底的に活用する方法。
「転職先がなかなか決まらない」「面接が上手くいかない」などなど。 こういった転職の悩みを解決してくれるのが転職エージェントです。 転職エージェントのメリットデメリットを話します。

 

転職エージェントとは簡単にいうと、転職希望者に転職先を紹介して、紹介先の会社からマージンを得る仕事をしている人のこと。

要するに、利用者である僕たちは、転職エージェントを無料で活用できるんです。

転職エージェントは、転職してもらってはじめて報酬を得られるので、親身になって相談に乗ってくれます。

 

リクルートは、業界大手で求人数も多く、転職成功ナンバーワンの実績を持っています。

>>>リクルートエージェント 

 

【まとめ】退職理由は嘘をつけ! 会社を辞めるときの都合の良い理由とは

・退職理由は嘘の方がいい
・退職理由は家庭の事情など、会社の努力ではどうしようもない理由を話す 
・退職理由より、その後の転職先のほうが大事

 

退職理由は嘘がいいことは、わかってもらえたでしょうか。

嘘をつく理由として、早く会社をやめること、円満にやめることが挙げられます。

引き止められたりすると、退職時期が引き延ばされ「やめたくてもやめられない」なんてことにもなりかねません。

 

会社をやめる覚悟ができているなら、嘘の退職理由をでっち上げて、転職の準備を始めましょう。

>>>転職エージェントならリクルートエージェント<<<

 

コメント