【即効解決】外注ライターさんに、ワードプレスへ直接記事を投稿してもらう方法

サラリーマンの副業

外注ライターさんに記事作成を依頼するとき、どういう方法で書いてもらいますか。

僕は最初は、ワードやテキストで文章を送ってもらっていました。

文章がメインなので、それでも構わないのですが、いったん記事の内容を確認して、ワードプレスに投稿するのが、意外と手間がかかりました。

どうにかして、直接ライターさんが、ワードプレスに投稿する方法はないものか、と考えていたら・・・

ありました!

もちろん、自分のワードプレスのログインIDやパスワードを教えずにできる方法です。

さっそく、紹介していきますね!

 

外注ライターさんに、ワードプレスへ投稿してもらう方法を解説

外注ライターさんに、ワードプレスに投稿してもらうために必要なステップを紹介します。

簡単にできるので、構えずいきましょう(^^)/

1.外注ライターさんのアカウントを作成する

2.ユーザー権限を設定する

3.ワードプレスの記事作成の方法を説明する

大きく分けると、以上の3つしかありません。

では、さっそく見ていきましょう!

 

アカウントを作成する

ワードプレスに「ユーザー」というボタンがあります。

そこから「新規追加」でライターさんを登録します。

 

ユーザーの権限を限定する

ユーザー登録するとき、ユーザー権限を指定できます。

ここが今回のキモになります。

もちろん外注ライターさんは、記事投稿だけしてもらいます。

プラグインの設定など、記事投稿以外のことは、してほしくはないわけです。

そこで大事になってくるのが、ユーザー権限です。

ユーザー権限を決めることで、記事投稿しかできないようにします。

 

ユーザー権限を「寄稿者」にする

寄稿者にすると、何ができるのでしょうか。

・自分で記事を書くこと

・自分で書いた記事を編集すること

この二つしかできなくなります。

 

要するに、今ある記事を勝手に公開したり、下書きに戻したりできなくなるんですね。

いやー、ワードプレス便利機能ですね(^^)/

 

この設定に関しては、こちらの記事を参考にしました。

WordPressを複数人で利用する場合の、適切なユーザー権限管理の方法
WordPressでは、ユーザーひとりひとりにアカウントを発行できます。複数人でサイトを運営するときには、ユーザーごとにアカウントを作り、適切な権限を設定するようにしましょう。

 

ワードプレスの管理画面をカスタマイズする

プラグインを使い、管理画面を非表示にします。

これにより、ワードプレスの画面に、記事投稿しか画面上に出ないようにできます。

 

僕は、こちらの記事を参考にしました。

WP Admin UI Customize – 管理画面のUIをカスタマイズできるWordPressプラグイン | ネタワン
WP Admin UI Customizeは、管理画面のUIをカスタマイズできるWordPressプラグインです。ダッシュボード・サイドメニュー・管理バー・ログイン画面・記事編集画面などの表示内容を簡単にカスタマイズでき …

 

寄稿者が投稿した記事のみ閲覧できるように設定する

ワードプレスの記事投稿者が増えてくると「他の人が書いた記事を見せないようにしたい」という気持ちが出てきます。

そんなときは、functions.phpに下記のように記載します。

(この設定方法は、PHPを操作します。バックアップをとるなど細心の注意を払ってください。)

 

 

こちらの記事を参考にしました。

管理画面の投稿一覧の投稿をログイン中のユーザーの投稿のみにする | WordPressカスタマイズ事典
WordPressの管理側の投稿一覧では、どの権限のユーザーでログインしても他のユーザーの投稿を含め...

 

外注ライターさんに、ワードプレスへ記事投稿する方法を説明する

外注ライターさんの中には「ワードプレスを使ったことがない」という人がいます。

ワードやテキスト等は、会社の業務で使うことはありますが、ワードプレスとなると、使ったことがない、という人が多くいます。

ワードプレスの操作方法を説明する場合、初めてワードプレスをさわる人でもわかるように説明しないといけません。

「じゃあどうするの?」というと、動画にするとわかりやすいです。

 

ワードプレスに投稿するための動画を作る

「動画を作るっていわれても、YouTuberじゃないし、そんなの無理だよ」

こんな声が聞こえてきそうです。

でも大丈夫。誰でも簡単に動画を作る方法があります。

 

Windows10の操作方法になってしまいますが、こういうやり方で動画を作成できます。

「WIN」+「G」キー

 

このショートカットキーを押すだけで、今見ているパソコンの画面を、動画にすることができます。

これで動画を作り、ワードプレスの記事作成方法を、外注ライターさんに伝えると、わかりやすいですね。

 

【注意】外注ライターさんの行ったクリックが、アナリティクスでカウントされる

外注ライターさんの中には、サイトの雰囲気をつかもうと、サイトの記事を見てくれる人がいます。

でも、そうすると、Googleアナリティクスにクリックがカウントされてしまいます。

これを防ぐためには、アナリティクスでアクセス除外の設定が必要です。

パソコンのIPアドレスを確認して、フィルタをかけるといいでしょう。

 

パソコンIPアドレスの確認方法は、この記事を参考にしました。

アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】
あなたのアクセスしているIPアドレス情報などをENVとJavaScriptで取得し表示します。あなたのIPアドレスからポート疎通・ping疎通・DNS索引・WHOIS情報も取得できます。

 

この記事を参考に、アクセスを除外設定しました。

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法【簡単3分】|アクセス解析ツール「AIアナリスト」ブログ
Googleアナリティクスでは、簡単な設定をするだけで自分のアクセスを除外した正確なアクセス解析をすることができます。この記事ではその方法を2つ紹介します。

 

ワードプレスのテーマコクーンでアクセス除外

外観→テーマエディター→headinsertPHP→

<?php endif; ?>
<?php //全ての訪問者をカウントする場合は以下に挿入 ?>

この下に以下のタグを埋め込みます。

すると、アクセス除外されます。

<?php if ( !is_user_logged_in() ) : ?>
<!–★ここにGoogleアナリティクスのトラッキングコードを貼る★–>
<?php endif; ?>

 

以下の記事を参考にしました。

アナリティクスで自分のアクセスを除外する方法【WordPress】
かつてGoogleアナリティクスを使い始めた頃、自分のアクセス数もカウントされるから正確な数値が把握できないや…と嘆いていましたが、実はちょちょっと設定すれば解決できるんです。 Googleアナリティクスに慣れない初心者でも簡単に設定できますので、すぐに取り掛かりましょう! Googleアナリティクス、自分のアクセスは...

【まとめ】外注ライターさんに、記事作成を継続依頼するとき便利

以上のやり方で、ワードプレスの記事作成ができます。

こうして少しの手間をかければ、外注ライターさんに継続して記事作成を依頼するとき便利です。

1度しっかりと説明しておけば、あとは記事作成の依頼さえだせば、ワードプレスにドンドン記事をかいてくれますからね。

それでは、今回は以上です。

最後まで見ていただき、ありがとうございます!

コメント